「衛生管理者」は国家資格です。近年では、メンタルヘルス、安全管理、健康、環境改善など、職場の課題は多様化しており、衛生管理者が業務改革のリーダーになれる時代になりつつあります。働きやすい職場、健康で楽しい職場をあなたの力で実現しませんか?合宿講座を中心に全国で一発合格のための受験サポート、講習会をいたします。

FrontPage

衛生管理者受験対策講座

衛生管理者は職場の快適な環境づくり、労災防止やメンタルヘルス対策の重要なキーマンであり、従業員50名以上の職場には法律上必ず置かなければならない資格者です。この資格は今後注目される「健康」「安全衛生」についての幅広い分野を含む国家資格(免許)で、在職者だけでなく、転職希望者のスキルアップにも最適です。

「予備知識ゼロ」の方でも、2日間の学習で確実に合格まで導きます!!

弊社は、特に短期合宿講座で高い実績を上げています。2泊3日の合宿では、最終日を本試験日に合わせ、予備知識ゼロから最短で合格していただきます。詳しくは「必ず合格できる4つの学習コース」のページをご覧ください。受験日を選ばない1泊2日や通学2日間のコースでは、同時受講5名様以上の場合、全国各地での出張講座、企業内講座にも対応しております。

お知らせ

●最新公表問題の解説と補足資料をメンバーサイト「受験者のサロン」にアップしました(2018年4月)。メンバーの方はパスワードで入ってダウンロードしてください。NEW!!

●直接ご参加いただく講習会を重視するため、オリジナルテキストの電子書籍販売を終了する予定です。平成30年度版以降は、受講者の方しか入手できなくなりますのでご了承ください。また、合宿講習のほかに、全国で受講していただけるオンライン講座を開講する予定です(合格保証の対象にはなりませんが、その分低価格で提供する予定です)。

●メンバーサイト「受験者のサロン」のパスワードを変更いたしました。以前にご利用いただいた方でページをお使いになりたい方は、大変お手数で恐縮ですが、お問い合わせフォームから、氏名と連絡先を明記の上ご連絡ください。


●東北・関東・九州・北海道で合宿・通学講座を行っています。

名取市、市原市、久留米市、恵庭市で、2泊3日または通学2日のコースを設定しています。通常は2泊3日最終日を受験日に合わせておりますが、受験日が異なる方も2日間だけ通学で参加できます。それぞれの詳細は下記をご覧ください。

短期集中で試験をクリアしたい方は、ぜひ下記リンクからご参加ください↓。

「こくちーずPRO」、または当HPからご予約お申込み、決済ができます。

今後の予定(2泊3日コースの場合、いずれも最終日が本試験日になります。必ず各自で手続きを済ませて、受験日が確定してからお申し込みください。)

◆宮城県名取市での講座日程(講習は実質2日間で、最終日は本試験日です)

◆千葉県市原市での講座日程(講習は実質2日間で、最終日は本試験日です)


◆福岡県久留米市での講座日程

◆北海道恵庭市での講座日程(通学2日コースのみです。宿泊ご希望の場合は各自でホテル手配をお願いいたします。)

◆2泊3日コースは通常価格49,800円です。価格には宿泊・朝食、テキスト、会場費が含まれ、公表過去問題も6回分以上を用意しています。

◆通学のみ、宿泊なしをご希望の方は、初日と2日目のみで35,000円、講習のみ1泊2日でご参加の場合は42,000円となります。

◆いずれもPaypalによるクレジットカードでのお支払いが可能です。申し込みサイト(こくちーずPRO)からの決済またはPaypal請求書をメールでお送りいたします。
現金でのお振り込みをご希望の際はご連絡ください。ご連絡がなく事前のご入金もない場合は、自動的にキャンセル扱いになります。

◆一度受講していただければ、以降の受講料は合格まで無料です(交通費、宿泊費は各自自己負担)。講座開催があればいつでも各地で再受講できます。

合宿講座のお申し込みはこちら


●衛生管理者資格について

労働安全衛生法により、常時50人以上の従業員を使用している事業所には基本的に必ず配置しなければならない国家資格保持者が衛生管理者です。衛生管理者免許には第一種免許と第二種免許があり、第一種は全ての業務に対応できますが、第二種は商業やサービス業に限定されます。

受験資格は労働衛生に関する一定以上の実務経験が必要です。衛生管理者試験は厚生労働大臣指定機関である、財団法人 安全衛生技術試験協会および全国7箇所の安全衛生技術センターにおいて実施されています。


●試験について

受験科目は、第一種、第二種共に「労働生理」「労働衛生」「関係法令」の3科目です。有害業務に関しては第二種衛生管理者試験には出題されません。

出題形式は全て5肢択一方式で、マークシート記入方式です。試験時間は共に3時間ですが、特例受験(第二種をすでに持っている者が第一種を受ける場合)は2時間、船員法による科目免除者は2時間15分となります。試験手数料は平成29年9月現在、6,800円です。

合格基準はそれぞれの科目で正答率が40%以上、全体で60%以上であることが条件です。合格人数に制限はなく、国家資格の中では高い合格率となっています。

受験申し込みは試験日の2か月前から可能ですが、関東センターはすぐに満席になってしまい、希望日に受験できないことが多いので、早めのお手続きをおすすめします。東北は比較的空いているため、わざわざ宮城までお越しになる方も多数いらっしゃいます。

受験地に指定はございませんので、学習をまず終えてから、申し込み可能な地域と日程を探すこともできます。詳しくは下記よりダウンロードできる試験日程をご覧ください

←平成30年度の試験日程(全国:日付のみ)はこちら




ナレッジサーブ広告

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional